風に吹かれて ~ぽんたの雑記帳~
日常、気になった事の記録です。 のんびりゆっくり。スローペースで・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「電車男」 オタク割引
神奈川県藤沢市にある個人経営の映画館「フジサワ中央」は
ちょっと面白い企画をやってるそうです。
現在、この映画館では電車男を上映中だそうです。
この電車男の映画を見る際、「ヲタク1枚」と
告げるとヲタク割引が適用され1300円で見られるそうです。

しかも証明するものは全く要らないということなので入場者の半数くらいはヲタク割引で入場するそうです。
これがネット等で評判になり来月2日まで上映期間が延びることになったそうです。

個人経営の映画館は大手のシネコンに押されてどこも経営が大変だそうです。
この「フジサワ中央」も生き残り策として「ヲタク割引」の他に
「浴衣割引」「最終一律1000円上映」等、さまざまな工夫をしているということです。




最近の映画館はシネコン方式が多くなってきていて、大型のスクリーンは少なくなりましたが、イスのすわり心地は良くなり、肘掛のところにはボトルフォルダーがついて、音もすごく良くなっています。
完全指定席のところも多く立ち見も無くなってきました。
(その代わり、気に入ったから2度見ようとか、途中で入るとかは出来なくなりましたね。)

でも、私はちょっとさびれた個人経営の映画館の雰囲気も好きです。

二番館、三番館といった映画館でちょっと前にはやった映画を2本立て、3本立てで見るのもお得感があってよかったです。人がほとんど居なかったり、暇つぶしのおじさんが大いびきをかいてたり、猫がスクリーンの前を通ったり、中にはスクリーンの下の方に穴が空いてた映画館もありました。

私の住んでいる神戸は、昔は映画館の多い町だったらしく、
あの「淀川長治さん」の生まれ育った町でもあります。
今は、そんな面影はほとんどなく、普通の町程度に存在するという感じです。

私も映画は割と好きなのですが最近は見る本数が減ってきたなぁと感じています。

神戸の新開地と言われる少し治安の悪い場所に
湊川公園と言う公園があります。
その公園の下にあるさびれた名画座的な映画館があります。

「パルシネマしんこうえん」と言う映画館なのですが
2本立て興行で一般1200円、
パル会員・学生・シニア 1000円です。

映画館自体はお世辞にもきれいとは言えずこじんまりとしています。
場所柄もあり横一列に女性席を設けていて、
となりに男性が座れないようになってます。

ラインナップもいろいろ考えて組んでくれてます。

入場するときにもらえるその映画館で上映した映画の
解説記事や特集を載せた瓦版があるのですが、
これが手書きをコピーしたものでなかなか味があります。

なんといっても、「映画が好きなんだなぁ。」という雰囲気が良いです。

おそらく経営はすごく苦しいだろうけどつぶれて欲しくない映画館の一つです。


パルシネマしんこうえんのホームページです。



スポンサーサイト

テーマ:映画館 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
姫路の松竹座
姫路にも松竹座という古い味わいのある映画館がありました。

姫路大空襲にも耐えた歴史を持ちます。

昔は一般リーマンが行けなかった花街「魚町」の一角に立ち、潰れ掛けたときも“旦那衆”が援助して立ち直ったこともあります。

その映画館もついに閉館となってしまいました・・・
2005/08/26 (金) 12:33:15 | URL | 里子(働かん大物新人のお局) #0uMpHctg[ 編集]
時代の流れで昔ながらの映画館がつぶれていくのは悲しいですね。
最近はDVDがロードショーからあまり期間をおかずに発売されるので本当に小さい映画館はつらいと思います。
2005/08/26 (金) 20:22:22 | URL | ぽんた #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「ヲタク1枚」。映画館の窓口でこう告げると、入場料が割引になるサービスが話題を呼んでいる。藤沢市のJR藤沢駅北口、遊行通りにある個人経営の映画館「フジサワ中央」は、公開中の映画「電車男」にヲタク割引料金を設定、入場券を買う際、「ヲタク」と自己申告すると、
2005/08/26(金) 21:02:42 | 映画館ブログ
copyright © 2005 風に吹かれて ~ぽんたの雑記帳~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。