風に吹かれて ~ぽんたの雑記帳~
日常、気になった事の記録です。 のんびりゆっくり。スローペースで・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
200702111750002
20070211175000
小雨の中の虹です。(垂水駅前にて。)
スポンサーサイト
一瞬の夏‐それから‐
20060703005141
私が20代前半の頃、絵の仕事がしたくて転職しようかどうか悩んでた時に出会った短編のスポーツノンフィクションがありました。それは、沢木耕太郎さんの「クレイになれなかった男」と言う1970年代にプロボクサーとして活躍されたカシアス内藤さんの韓国での東洋ミドル級タイトルマッチのルポルタージュでした。内藤さんはアメリカ人の父と日本人の母とのハーフで身体的にも恵まれ、16連勝し20歳で日本ミドル級チャンピオン、翌年には同級の東洋チャンピオンになりました。ただ彼のボクサーとしては致命的な心の弱さ(優しさ)から低迷を続けます。作者はその時代、人気だった「あしたのジョー」の「燃えたよ。まっ白に燃えつきた。」と言うセリフをモチーフに燃え尽きる事の出来なかったカシアス内藤さんの話を締めくくっています。

「人間には、燃えつきる人間と、そうでない人間と、いつか燃えつきたいと望みつづける人間の、三つのタイプがあるのだ、と。望みつづけ、望みつづけ、しかし「いつか」はやってこない。内藤にも、あいつにも、あいつにも、そしてこの俺にも・・・。」

これを読んだ時に私の迷いは無くなりました。それからいろいろ有りましたが何とか絵の仕事を続けています。まだ「いつか」はやってきませんが・・・。
昨日の晩、NHKのスポーツニュースで自分のジムをもち、病と戦いながらトレーナーとして選手を育てているカシアス内藤さんの特集をみました。(不定期でやっているようです。)
今度こそ内藤さんの「いつか」が訪れそうな気がします。

「クレイになれなかった男」、続編の「一瞬の夏」「リア」は沢木耕太郎ノンフィクション「かつて白い海で戦った」でまとめて読む事ができます。
雪です。
20051222114807
さっきまでバスも運休でした。
じゃあじぃ・・・
20051219184507
こんな、ジャージ誰が着るの?
知らなんだぁ
20051123165709
神戸地下鉄「学園都市」駅にミドリ電化が本日オープン。ダイエー2階がそっくりそのまま変わってました。
copyright © 2005 風に吹かれて ~ぽんたの雑記帳~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。